ローションは飲み物です~越谷のデリヘルおっぱい日記~ | 無類のおっぱいとローション好きの男の越谷デリヘル調査ブログ。おっぱいとローションさえあれば生きていける。

 

おもいっきりDON! 放送事故越谷デリヘルベイビーズ

  • 投稿者 : ツナ缶の油ソムリエ
  • 2013年2月20日 5:34 AM

気を失ったのよ」「頭部の傷は、大赴に出血しやすいんです。どんなに小さな傷でもね。それに、あなたは階段から落ちたときに頭を打って気絶したとおっしゃる。とすると、一時間近くもそのまま気を失っていたことになります。絶対に越谷デリヘルベイビーズとのことで私が言いたいのはですね、ご主人が殺された時刻からあなたが九二に通報された時刻までに、説明のつかない時間が一時間あるということなんですが」「だから?」人気デリヘル女は聞き返した。「だから、ご主人を殺した犯人は」おすすめのデリヘル女は犯人という言葉のあと、わざと間をおいた。「犯人はご主人を至近距離から撃ったのに、あなたの方は額を軽く殴っただけだということになります。そしてあなたは階段から落ちて云々かんいんというわけです」人気デリヘル女はムーアの方を向いた。「何がおつしやりたいの?もっと強く殴ってくれればよかったのにとその男を責めろとでも?私が生きていたいと考えているとお思いになる?」次第に声が高くなる。だが言ってしまってから、風俗オタクを思って罪悪感を覚えた。そうね、風俗オタクのために生きていたいわ。最近は本気で探しているなら越谷デリヘルベイビーズでの選びにはここに突入なのです。ずばり。「いいですか」人気デリヘル女は声を抑えて続けた。「あの男がなぜ私も殺さなかったのか、わかりません。慌てていたのかもしれないし、本当は殺すつもりだったのかもしれない。私にはわかりません。あの男が何をする気だったのか」「あの男が本当にいたとすればの話だ」レナードが言った。人気デリヘル女はおすすめのデリヘル女を見つめた。体中の血が凍りついたようだった。「いたとすれば?」「ご主人がどのくらいの生命保険に加入していたかご存じですか、ミセス・リード?」「あの男が本当にいたとすれば・?」「私が教えてさしあげましょう。ジェームズ・リード・ジュニアはつい最近、五十万ドルの生命保険に加入しました。



この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。